有田焼

[佐賀県] 1616年、陶祖 季参平(りさんぺい)が有田町の泉山(いずみやま)で陶石を発見し、日本で最初の白磁が作られたことから有田焼の歴史は始まります。日本磁器発祥の地として名高い佐賀県有田町から、有田の職人の方々により約400年もの間 受け継がれた伝統と技術。和食器のもつ温かみのある雰囲気と"今"とを掛け合わせて、商品をお届けします。

31件の商品が見つかりました