益子焼

[栃木県] 芳賀郡益子町周辺を産地とする伝統工芸の陶器。江戸時代末期1853年に大塚啓三郎により始まる益子焼は、1924年に近現代の日本を代表する陶芸家 濱田庄司の作陶により民芸品として発展を遂げました。益子の土の魅力を引き立てる伝統的な益子の釉薬と技法により、ひとつひとつ手作りで作り出されています。

25件の商品が見つかりました