有田焼

[佐賀県] 1616年、陶祖 季参平(りさんぺい)が有田町の泉山(いずみやま)で陶石を発見し、日本で最初の白磁が作られたことから有田焼の歴史は始まります。日本磁器発祥の地として名高い佐賀県有田町から、有田の職人の方々により約400年もの間 受け継がれた伝統と技術。和食器のもつ温かみのある雰囲気と"今"とを掛け合わせて、商品をお届けします。

31件の商品が見つかりました

推奨ブラウザをご利用ください

当サイトをご覧いただくには、下記推奨ブラウザをご利用ください。
記載のないブラウザでも閲覧可能ですが、正常に表示されない場合があります。各種ブラウザ最新バージョンにアップデートの上、閲覧していただく事を推奨します。

  • Internet Explorer / 10 +
  • Microsoft Edge / Latest Version
  • mozilla Firefox / Latest Version
  • Google Chrome / Latest Version
  • Safari / Latest Version
  • Opera / Latest Version
  • iOS 8.0 以上 標準ブラウザ
  • Android 5.0 以上 標準ブラウザ

© 2020 Hikidashi Inc.